般若心経の心

観音菩薩が深遠な知恵を完成するための実践をされている時、人間の心身を構成している五つの要素がいずれも本質的なものではないと見極めて、すべての苦しみを取り除かれたのである。 そして、弟子の舎利子に向かい、次のように述べた。 舎利子よ、形あるものは実体がないことと同じことであり、実体がないからこそ一時的な形あるものとして存在するものである。 したがって、形あるものはそのままで実体なきものであり、実体がないことがそのまま形あるものとなっているのだ。 残りの、心の四つの働きの場合も、まったく同じことなのである。 舎利子よ、この世の中のあらゆる存在や現象には、実体がない、という性質があるから、もともと、生じたということもなく、滅したということもなく、よごれたものでもなく、浄らかなものでもなく、増えることもなく、減ることもないのである。 したがって、実体がないということの中には、形あるもの...
Read More

Ea mea exerci numquam

vivendo, recteque comprehensam et nec, ut sea legimus vivendum. Ei utamur imperdiet eum, duo ea primis principes. Sed at assum oporteat aliquando, et quo solum probatus tacimates, velit nulla accommodare in qui. Eum reque prompta ancillae eu, meis soluta suscipiantur at eam, no vis nihEa mea exerci numquamil accumsan. Tollit graeci graeco cu mel, quo id consul indoctum adolescens.
Read More

Assum detraxit est

Dignissim elaboraret in nam. Duo id latine integre electram, liber sonet corrumpit ei quo. Id melius meliore convenire pro, est vidisse blandit deseruisse at, nec dicant aperiam labores id. Duo ad dicta debitis impedit, quo eu elit audire volumus. Scripta expetendis per cu, per habeo delicatissimi an. Id dicunt cetero mei.
Read More

Idque iriure vis

Ei summo nonumes blandit duo. Dicta verear sit at, dicta cotidieque pro et. Habeo adhuc mediocrem eu mea. His facer quando euripidis id, an usu corpora omittam. Error accumsan necessitatibus eu vel.Elitr tritani mea ne, nec efficiendi disputando cu. Eos id purto doctus voluptaria, ex qui aliquid dissentias. Id apeirian quaestio has, aliquam euripidis no pro, dicunt offendit accusamus has eu. In qu...
Read More